FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.42 即案件からのコンパで完全制覇を狙ったアホの話

年明け1発目の活動記事はかなりクオリティの低い記事になりましたわ。。
でもこんな感じでもゆるーくでもちょくちょく更新していこうかなと思いまーす(*´д`)ノ

それではどーぞ。



~夏のお話~


以前即をした女の子から突如1通のLINEが入る。
即子「今度コンパ開いてください。」
※実際はもっと前置きがあってお願いされる。



と言うことでリア友を誘って4-4のコンパ開催が決定!
リア友はもちろん非ナンパ師なので、ただ楽しめればいいかなと思い、事前の打ち合わせもなんも無く当日を迎える。


さぁどうなる、、(;・∀・)





◆相手メンバー布陣(全員女子大生)
①即子(スト4)・・以前即した子
②細子(スト5)・・細身
③ぽちゃ子(スト4)・・太身
④酒子(スト5)・・酒好き



超平均的なメンバーだなおい(゜ロ゜;
(´-`).。oO(もう誰でもいいやぁ)



とりあえず乾杯~
序盤から飛ばすリア友の面白トークで場の雰囲気は作られ、酒がどんどん進む!
私はと言うと何話したかあんまり覚えてないw
そして女の子自己紹介で男達がいちいちボケを入れるから全然進まねぇ(゚∀゚;)



宴も中盤に差しかかった頃か、
トイレに立った時に酒子も遅れてトイレに来て、適当に会話して和む。
「今日めちゃくちゃやから(笑)今度飲もうか」でバンゲ。



トイレから戻ったタイミングで席替えを提案し、かすてーらはポチャ子の隣へ。
いい感じに酔っておられる。そして距離が近いw
いつの間にか手を繋ぎ、その場でいちゃいちゃしてかなり雑にクロージングを開始。
「この後まだ時間あるでしょ。二人で消えようか?笑」
まんざらでもない様子^m^)


即子の痛い視線を感じながらミリオンダラースマイルで紳士に対応
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ



時間も経ち、会はお開きへ。

しかし今日は非ナンパ師飲み会であり退店後は全員集合する流れとなったことや、
女性陣全員が帰る方向が同じであったこともあり、全員で帰る結託が強く、セパレート出来ず(/o\)

帰り間際に、即子とぽちゃ子の胸の大きさ対決をけしかけ、審査員としてダブルモミしたのが限界w

ということでこの日は酒子、ぽちゃ子からバンゲして健全解散!(いわゆる坊主だよ…)

この時は食いつき具合から酒子とぽちゃ子とはアポれるなと。
この日一度も絡みがなかった細子とも近づいて女性4人全員ゲットとか面白くね?とアホみたいな考えを思いつく。


ゲットの順番やLINEの仕方をしっかり考えて、メンテを繰り返す。


細子とまた女子大生(即子と細子と別メンバー)と海に遊びに行き、同じ浮き輪に入っていちゃいちゃするなど、ゲットは間違いないところまで食いつきを上げたが、この日一緒に海に行った男友達に「譲ってくれ」と電話までいただいたので、この時点でアプローチ中断w



あとはダイジェストでどうぞ!



さぁまずはぽちゃ子の回収だ!
アポ⇒居酒屋で個室対面席。トークで盛り上げつつ、終盤向こうから隣に移動してきて、ノーグダでディープキス、パイモミまで終了。
口の堅さを保障していたので、本日ゲットを狙って居酒屋でクロージングをしたが、レポートグダで敢え無く敗退w
帰り際に2人でいるところを即子に目撃されるというオマケつきww



その数日後。
当日に酒子にアポ打診。バイト後23時からならOKとのことでアポ成立。
会話が盛り上がり、難なく終電を逃させる。
というか酒子よ!最初から終電諦めていただろ絶対w

お店退店後は、家打診して、ノーグダゲット!


ぽちゃ子とのリベンジアポは事前に家に連れ込むことを了承した上でのランチアポ。
家でギラつく⇒下はグダ⇒すねて違う部屋に行き放置し、狙い通りベットに誘い込む⇒しかしやはり下はグダ!
負け!

帰りに車で送っている時に真面目な話をしたらゲットできそうな雰囲気になったこと。
あと多分処○でした。
単純にグダを事前に封じ込めるトークが出来ていなかった。


ということで、女性4人全員ゲット作戦は2勝1敗1不戦敗で終了w




しょぼさMAXやで~(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻--┻





テーマ : ナンパ
ジャンル : アダルト

No.41 ブログ開設1周年と新年を迎えて

2015年明けましたね、おめでとうございます。
また本ブログも2014年1月1日に開設して無事2年目を迎えることが出来ました。
読んでいただいた皆さん、本当にありがとうございます。
今後も宜しくお願いします。

過去の記事を読むととても恥ずかしい気持ちになりますが、1年通して変化したことが分かるのがやはりいいですね。
本ブログは中途半端な立ち位置ではありますが、基本的には自分の為に書いている記事なので、面白くなかったり、読みにくさもあると思いますので今後読まれる機会がある方はそのへんをご理解していただければと思います。




さて、2015年になりましたので、多くの方が昨年の振り返りや新年の目標を立てていることではないかと思います。
私も現在、昨年の振り返りと今年のプランを同時進行で考えているところです。
定量的な分析も定性的な分析もしっかりした上でじっくり時間と頭を使って今年のプランを立てていきます。

定量的な分析に関しては活動でメモを取っていたり、何かしらの形で残している方が多いと思います。
しかし定性的な分析に関しては、意外と出来てない人が多いような印象があります。
何が課題であったのかはその事象が起こったタイミングでしか分からないことも多く、それは後日数字だけ見ても分からないものだと思います。
成功にしろ失敗にしろ何かしらの結果が出たらその都度のその結果となったポイントを考えて言葉などで残す習慣が大事だと思います。それが出来てない人は同じ失敗を繰り返すし、成長速度は遅いですよね。めんどくさい作業ではありますが、将来のリターンを大きくするために今の欲求(ここで言うとめんどい事を避けて、今したい事をする)を我慢することも一つです。

学生も社会人も関係なく時間は本当に貴重ですから、成功への精度を高める為には少々の我慢が必要なことだと思います。自分の人生の時間を削ってナンパ活動をしているわけですから、いい意味でも悪い意味でも人生に何かしらの影響は与えているはずです。
趣味としてナンパしている人も、彼女や結婚相手を探す為、また他の理由でナンパしている人も、今の生活や将来の生活をより潤いのある生活に変えようとナンパしているのは共通点だと思うので、時間も一つの投資と考えると、将来より大きなリターンを得るためにその使い方に十分に考えてしかるべきだと思うのです。


2014年私は多くの失敗をしましたし、「失敗」という結果が怖くて挑戦から逃げたことも多々ありました。
一つ分かったことは挑戦から逃げる度に、勝手に逃げた理由探しや言い訳作りをして、自分で納得させていることでした。
そして、後々そのことを後悔する。悔しい気持ちになる。自己嫌悪になる。つまり負の感情が生まれるのです。



2015年も多くの失敗をしていこうと思っています。
多くの大人は失敗を恐れて、新しいことへの挑戦をしなくなったり守りに入ったりしますが、実際は多くの大人がしている真逆の事をしたほうが人生は楽しくなると思うのです。
失敗する姿を「格好悪い」と傍観者になるだけの人間って格好悪いですよね?
言葉だけ巧みになって行動が伴わない人間って格好悪いですよね?
失敗を笑える位の方が格好いいし、失敗しながらも色んなことにチャレンジする人間の方が人生楽しんでると思うんですよね。



また2014年は正直自分にとっては人間としての成長は停滞した年になったように考えてます。
自分や環境に甘えていたし、ナンパ師としての成長=人間としての成長ではないですからね。
この辺はいくらかのリソースをナンパに投入していた身としては考えが浅かったように思います。
イメージは人間としての成長の過程でナンパ師としての成長があるのが理想ですね、分かりにくいですがw


まぁナンパは2015年もマイペースでやっていくつもりです。
2015年が終わった時にナンパに費やした時間が無駄ではくて、有効な時間の使い方だったなと思えるようにしたいと考えています。





2015年もナンパに限らず新たな出会いを楽しみしたいと思います。
またナンパ師さんが多くの女性に感謝されることを願っています。






テーマ : ナンパ
ジャンル : アダルト

No.40 ラッキーな日にザオラルしてみた結果お姫様が復活した。

これは去年のストリートナンパ始めたばかりの時にバンゲした案件が復活したお話。


その日は23時過ぎまで仕事をしていた。もちろん疲弊によるナンパモードでは全くなかった。


仕事の都合で帰りが車になり、その帰宅中に一人で歩いている可愛い子をふと見つけた。
※以下:女⇒7子(7のつくラッキーな日付だったからねw)



正直悩んだ。



(´-`).。oO(可愛いけど、寒いし早く帰って風呂に入りたい。)




しかし、この時期はストリートナンパを始めていわば一番フットワークが軽く、モチベーションが高まっていた時期。



「後悔したくない」の一心で、わざわざ先のコンビニに車を駐車して、声かけ\(^0^)/アホヤワ


信号待ちの反対側から手を振り元気よく呼びかけた。


かすてーら「やぁ!!、、、あれ?知り合いと思ったら違ったみたいww」
※ミリオンダラースマイリー


7子「え!?、、、絶対嘘でしょ!?www」


かすてーら「まぁでも今知り合いなれたからいっか♪」



7子「よくないですよw、、一体何ですか?!」




そんな感じでオープンして会話を開始。




夜遅いこともあり、後でメールで「最初は正直事件性を感じました(笑)」とまで言われたが、10分ほどの平行トークで何とか和んでバンゲ。


この時はしばらくメールでやりとりするも、「彼氏持ち」との理由でサシ飲みは強力な拒否が入り、2対2ならOKという提案もあったが、ここは妥協せず放置してた。



それからは正月の「アケオメ」ザオラルを送るくらいで半年以上も連絡を取らず、いわば忘れかけてたような状態だった。




そして、7月7日...
Twitterのナンパクラスタの中で七夕ザオラルが盛り上がっていた。
特にこの機会を待ちに待っていたわけではないが、便乗して凄腕の方々のアイデアを拝借して、かすてーらによるザオラルメールを発射!!




①通目
7ザオラル
※nicoさん提供ザオラル


②通目
7ザオラル2
※きゃりーさん提供ザオラル


③通目
7ザオラル3
※提供元:不明w




するととんとん拍子に次の日アポ決まった。
(というか1通目から相手から打診されてるやんw)





そして次の日
久々の再会。


髪型のせいか、印象は変わったがやはり可愛い。


何度が利用したことあるお店に入店し、横並びの席をチョイス。

序盤は昨日送ったザオラルメールの話。職場のみんなで笑ったらしい。


かす「何で去年は会ってくれんかったのに、会ってくれたん?」


7子「うーん、、、特に深い意味はないんですが、あのLINEが面白かったからですかね」




話は変わるが最初会話していて気になったことがあった。
この子、かすてーらが話してる時も彼女が話している時もちゃんと相手の目を見てくれる。

これまでこんな子あまりいなかったなと思いながら、いつも以上に目が合う女性との目線に若干戸惑い、時折目線を外すようにしていた。


7子が意図的にそうしてるかどうかは分からないが、話していて気持ち良かったのは間違いなかった。




他愛もない会話をしながら仕事の話やお互いの恋愛観や結婚観を話す。


本当に流れるような会話のやり取りだったと思う。
どこか心地よさを感じながら、会話を続けた。


ここまでの会話で一切お互いの彼氏彼女の話には触れなかった。
この流れの中で彼氏いるかどうかは問題ではなかったし、楽しく話す彼女に「今彼氏はいるの?」という言葉を投げかけることで、何となくだがこのいい流れに水を差すような、そんな懸念もあったように思う。


だから敢えて彼氏がいるかどうかは敢えて聞かなかった。
多分、今日アポれたのも言われた通り単純に『面白そう』とか、『いつもと違う非日常』を求めているだろうから、この心地よい雰囲気のまま、現実に戻らせたくなかった。



会話のキャッチボールをしっかりして、相手の盛り上がりや心が開いてる感触を掴み、気付けば3時間も時間が経過していた。


ここでお会計をする。



雰囲気的に7子も会話はまだまだしたいと思っていただろうから、今後の事を提案する。



かす「もっと話したいんだけどまだ軽く飲まない?」

7子「うん、もっと話そうよ、どこにする」

かす「俺に家に飲みなおさない?」

7子「うーん、、、家は近いの?」

かす「うん、7子の家からも近い場所。コンビニで簡単な物だけ買って移動しよ」

7子「うん、いいよ」



難なく提案が受け入れられた。




家に移動後も普通に楽しい会話を続けている内に体を徐々に近づいていく。(正確には近づけていった)



彼女が座っていた椅子に無理矢理座るようなアクションをしても特に拒否反応は見られない。


その後はさらに体を近づけ、

かす「俺女性の髪フェチなんだよね」


髪に触れる。

かす「こういう部分に女性の魅力を感じる」








その後は最後まで何の抵抗もなく行為が終わった。






全てが終わった後に「私何やってるんだろう」と照れながら言っていたのが印象的だった。


かす「もう遅いし、シャワー浴びて寝ていったら?」

7子「いや早く帰らなきゃ」



何か夢が覚めたように7子は慌ただしく帰り支度をして、家を出て行った。














数か月後、久々に彼女のLINEを見た。

登録名が変わっていた。


彼女は結婚したのだろう。





この日は最後の遊びとしてのつもりだったのか、心の隙にタイミングよく入り込めただけなのかかすてーらが知る由もない。



ただその時の時間は彼女にとっての価値のある時間を提供出来たのではないだろうかと勝手に納得していた。




7ザオラル4

※後日LINE



「ありがとう」はこちらのセリフだと心から思って感動してしまった。












※ちなみにもう一人ザオラル復活案件を準即。








テーマ : ナンパ
ジャンル : アダルト

No.39 遠征若手ナンパ師との合流 ~真剣に悩める者~

夏前の週末のお話。

その日はカフェでお洒落に過ごすかすてーらに一通のDMが届く。



誰だ、、、???








出た(笑)!!!



彼、「キルケ」という名前です。。




キルケ「今日○○行くので合流してください!お願いします!」
※○○はかすてーらの拠点


キルケ君とは5月に一瞬だけだが、挨拶をしたことがある若手スト師くん。
基本的には合流は乗り気ではないが、知らない土地にわざわざナンパしに来る熱意に押され、合流することに。



かすてーら「予定があるので遅い時間ならOK」


予定を終え、21時に街に降り立つ。



合流前のウォーミングアップを兼ねてソロで声掛けを開始。


1声掛け目:ガンシカ

2声掛け目:信号待ちで鮫のリュックを背負っている子発見。
誰かに電話をするそぶりをしながら、「ここ陸地やのに、人の背中に鮫が生息してるねん」
鮫子「www」
かす「あなたが巷で有名な歩く水族館のオーナーさんですか?笑」

速攻オープンして盛り上がったが、可愛くなかったので普通に世間話して放流。


3声掛け目:ガンシカ

4声掛け目:3分ほど会話するも和み切れず、逆放流

5声掛け目:家族と待ち合わせだが、連絡待ちの子。23歳。
「1杯だけの付き合っての居酒屋打診」も警戒心グダで結局オープンなカフェへ連れ出し。
かなり警戒されていた為、自己開示をしつつ距離を詰めていく。相手の職業を当て一気に距離が縮まる。20分ほど和んで放流。
⇒後日準即(未エントリー)


6声掛け目:ギャル、18歳。友達感覚の会話をオープナーにして難なくオープン。
帰宅するとこで時間限定で再度オープンなカフェ連れ出し。
「ナンパには慣れてるし、付いていくことに抵抗はあまりないけど、面白くなかったら、はっきり男性に伝えるからね」


こ、怖いよ(((;゚Д゚)))ガタガタ

軽く仕事の話をすると食い付き上がる。また「ご飯行こう」で10分で放流。
⇒未アポ打診


7声掛け目:とあるお店の前で佇む2人組みの可愛い双子ちゃん。19歳。逆3。
ここでキルケくん登場し、2人でバンゲ。ちょっと雑なやり取りになり、アプローチ間違えた感あり反省。
⇒後日アポ打診するも予定合わず保留中。


8声掛け目:商店街に移動し、キルケくんから入手した画像をネタにソロ声掛け。保母さんから瞬間バンゲ。
⇒後日アポ打診するも予定合わず保留中。


9声掛け目:さっきと同じ手法でソロ声掛け。なかなかの固い子。清楚系26歳。
「友達とナンパして遊んでるんじゃないですか」「個人情報教えません」と言われ、ひたすら自己開示と他愛のない会話で盛り上げ。
ちょっとした広場に連れ出して30分ほどがっつり和んでバンゲ。アポ日も設定して放流。
⇒アポ実施も当日準備が甘さもあり、お店⇒かすてーら邸玄関までで負け。






気付けば深夜1時。
キルケ君と全然コンビしてねぇ~(゚Д゚)w
LINEを見るとキルケ君はクラブに入店したとの事。
この後久々にクラブで声を掛けることとなる。


入店後すぐに2人組案件を4組ほどたてつづけに声掛けるも反応悪い。


やっぱりクラナン苦手や(TдT)



5組目:壁際にいた2人組とようやくまともな会話が成立(笑)


かすてーらがデブス担当(スト値3) !


しばらくしてキルケ君がうまく店外に連れ出しセパ成立。さすが!(カラオケに行った模様)

その後こちらサイドも「ここ暑いからちょっと外でよ」で店外へ。

そのままコンビニに行き、アイスと酒を買い、自然の流れでホテルへ行こうとするもグダ。そりゃそうだ( ‘ω’)/w


「休憩するだけやん。やからいこ。変な事せーへんて」←かなり雑

承諾もらい入ろうとするも休憩料金がなく、即と宿泊料金を天秤に掛けた結果、自ら入店拒否をチョイス(笑)。


結局ラブホの前に腰を下ろしてアイスを食べながら、恋愛トークを開始。するとデブスの目がトロトロしてくる(〃д〃)
キスを投入、ノーグダ。


(´-`).。oO( そう言えばここまで全くまともな会話をしてなかったな)



しかし即る気は一切なくダラダラした展開が続く…

ここでキルケ君が連れ出したデブス友達からクラブ戻ると連絡が入り、クラブに戻って合流後、女の子放流。


ところで合流してすぐキルケ君が「おっぱいCカップ!」と連呼していたが、何だったのだろうか(笑)
そして、、女の子の前でハンドルネームで呼ぶのやめてw

⇒このクラナン案件、未踏のIカップに目が眩み、後日昼アポで準即(未エントリー)


クラブに再入店し、キルケ「クラブしんどいす」を華麗にスルーして、かすてーらのナンパせずに踊りたいグダを発動させ、その後はまともに声掛けせず朝方を迎える。


「このエリアにはGT(ゴールデンタイム)は存在しない」金言をキルケ君に浴びせ、声かけはせず、定食屋IN
カツ丼を貪り、キルケ君放流\( ‘ω’)/



次の日もキルケ君はスト活動を頑張ったそうな。


ほんま元気やな…(*゚Д゚艸)!




と言うことでこれで合流終了!


合流活動お疲れ様でした!!



<活動まとめ>
時間:21時~5時(8時間)
ストリート⇒9声掛け3連れ出し5バンゲ(後日2アポ1準即)
クラブ⇒4組声掛け1連れ出し1バンゲ(後日1アポ1準即)
その他⇒カツ丼即(800円/カツ値8)



<考察>
今回の活動は一見声掛けに対するバンゲ率、連れ出し率は高く見えるが、ゴールはあくまでも準即である。5バンゲに対して2アポ成立は決していい数字でない。
アポ不成立の2案件に関しては雑な声掛けからのバンゲであり、和み不足であり、女の子も勢いに押され番号交換しただけだろう。
即に関して勢いは重要であるが、準即に関しては前提としてアポを成立する必要がある。アポ成立には『初見の勢い』は役に立つとは言えないし、効果的なアプローチ法とは言えない。街中での出会いではあれば尚更かと。
勢いで押すならそのまま即を狙うことが鉄則である。時間を空け女の子を一旦冷静にさせてしまう準即では勢いやノリだけでは通用しない。またやり取りの時間の長短関係なく、短時間でも和みの時間を作ることが出来れば、アポ成立はぐっと確度が高くなるのではないだろうか。
今回の経験を通じて感じたのは、女性との出会いや関係性は『性質が変化しやすい水物』だと言うこと。
そしてその出会いの質を変化させるのは決して決定権がある女性ではなく、出会いを作り出した男性側の責任なのかな。
即も準即もゲットという面では同じであるが、特に後日アポりたい案件程当日のアプローチにおける注意が必要だなと改めて考えるきっかけとなった。

またこの日キルケ君とご飯を食べながら色々話を聞いていたが、色々悩みを抱えながらナンパしてるんだなと、興味深く聞いていた。
ナンパ師という以前に一人の人間だし、何かに挑戦した結果、壁にぶつかって答えが見えずに悩んでいる。と言うことは至極自然だし、人間臭くていいなと感じた。
誰でもがむしゃらにやる期間は必要だし、そうやってもがきながら、悩み、成功も失敗も重ねて、人と出会い、影響を受けたり、与えたり、色んな経験を経て、物事の解釈や捉え方が変わっていき、そして近い将来自分なりに悩んでる部分の答えなり、結論を導き出せばいいのかなと思う。
僕はあくまでも他人だし、これまで生きてきた経歴や経験の組み合わせは全く違う、価値観も違って当然だ。
他人の答えは持ち合わせていないし、また自ら他人に答えを求める事や自分の行動や将来を委ねてはいけない。
人間はナンパを通していい方向にも悪い方向にも変われると思う。
結局それは自分をコントロール出来るかどうかで方向性は大きく変わっていく。
同じ事を繰り返してる人は決していい方向に進んでないし、人生を貴重な時間を無駄にしない為にも早めにやめる選択も必要なのかなと思う。

ということ事を色々話を聞きながらも、自問自答していかないといけないなと感じた。






ところでキルケ君は今生きてるのかな
|д゚)?



キルケは死んだの?(笑)







テーマ : ナンパ
ジャンル : アダルト

No.38  熱意に欠けた鍋パとリベンジ昼アポ

とある週末。


去年ゲットした既セクのつながりで2-2コンパが開催され、後日同じメンバーの4人で相方宅で鍋パが開催された時の話。
ちなみにかすてーらは既セクから普通の女友達になることが多く、既セクからコンパを打診されたり、逆に女性に開いてもらうことがよくある。最初は男女の長期的な関係を期待して体の関係になることが多いと思うのだが、どこかのタイミング仲の良い友達に変化してしまう感じであろうか。
自分としてはナンパから派生したそういう関係は何か居心地がいいなと感じているし、体を抜きにした関係も良いものだと思う。



話を本題に戻す。
今回の相方(非ナンパ師)とは事前に女の子の担当を決めて、お互いの担当子と距離を詰めていこうと話す程度の準備だった。
※かすてーらの担当は29歳。スト値5、OL。以下平均子。


しかし正直、友人が女性に対して奥手な方であるのでナンパで言うところの「くるくる」や「乱」は難しいなと思っていた。
また個人戦になるのは目に見えていたし、無理して友人に迷惑をかけることがないようにと消極的な展開を余儀なくされた。


実際に鍋パが始まると恋愛系の話は一切無く、ただ鍋とTVゲームを楽しむだけの時間が続く。
面白すぎるTVゲームに夢中になりすぎ、女性をどうこうする意識はどっかに消えていた。
というかわちゃわちゃし過ぎてそういう雰囲気になりにくいという感じだろうか。


気付けば深夜0時を過ぎている。。




(´-`).。oO(あかん終わってから後悔するパターンやで、これ)





状況を打破する為に、「デザートのアイスの買い出し」を提案し、平均子とかすてーらでコンビニへ。難なく2-2にセパレート成功。

雨も手伝い、自然と相合傘となり、早々に腰に手を回す。
信号待ちで目を合わせ、無言でキス。ノーグダ。
「鍋パが終わったら平均子の家で、一緒に添い寝しよ」提案にOKもらう。




(´-`).。oO(これは勝ったでしょ)





朝方に鍋パが解散し、平均子とかすてーらは約束どおり、平均子の家へ移動。
平均子の家に到着後はテンポ良く進む。
平均子に先にシャワーを浴びてもらい、次にかすてーらが浴びる。
もちろん数分後には遊ばれるであろう股間も入念に洗う(●´∀`)ノ~アハハハ



正直この時は勝利を確信していた。
その確信通り、お互いのシャワーの後はノーグダでキス、服を脱がせ、お互い毛布の中で全裸で触れ合っている状態。


スムーズに、、、
(σ ゚Д゚)σゲッツ!!









あれ?(。´・ω・)ん?


下の手を伸ばすとグダ(´・ェ・`)






グダの原因は色々言われたが、「出会ってから次に段階に進むのが早い」とのこと。


「目の前にいい女性がいたら、抱きたいと思うのは当然」
「そもそもお互いの関係性に於いて段階なんて頭で考える必要ないと思うよ。何が正しいかなんて頭で考えても答えなんて出ないし、単純に"いいな”と思える子に対して頭で考えるなんて水を差すような事をしたくないかな」


こんなグダ崩しで開放しようとしたが、相手もそれなりの経験をしているようで結論は変わらずノー。
潔く引き下がり、ちょっと機嫌を悪くするそぶりをしつつ速攻平均子の家を退散(笑)


ということで負け!
相手も見送らせず、モヤモヤしてるだろうが、こちらからは一切連絡しないつもり。
離れていくものを追う必要なない。
それがPUAというものだろう~?








約3ヵ月後、、、



アポっちゃった(笑)




何というかこの後数ヶ月の間に即やら準即を重ねていくうちに、ふと平均子の事を思い出したので連絡した。ただそれでの理由。
「お久しぶり。久々にご飯いこうや!」


で難なくランチアポ成立。


連絡すれば返事は帰ってくるという確信があった。
人の連絡を無視はしない良い子だと分かっていたので、単純にまた話したい気持ちに従った。


久々の再会だったこともあり、お互いの近況報告、初めてする家族の話などで盛り上がって楽しい時間を過ごす。
ランチ後にちょっとした買い物をしたりデートっぽい感じになる。
彼女は車で来ていたこともあり、帰りは自然とかすてーら邸まで送ってもらう。


「最高級のお茶でおもてなしするから部屋においで」


拒否なしで部屋IN。






部屋の中では適当に会話をして、フェイズシフト。

何でも良かったんだけど、毛布を使って「二人だけの世界へようこそ」ルーティーンを使用。
※ちなみに今命名笑


「え昼間から!?笑」
「私ってあまり興奮しないんだけどそれでも大丈夫かな?」


とコメントをもらいつつ、若干萎えながらもゲット。


おっ○い揉んでも舐めても相手は全く感じるそぶりもなく、かすてーらにも興奮がなかった。
最近普通なら興奮するような状況になっても興奮することがなく、冷静すぎる自分がいたりする。
正直ちょっと悩んでたりする。
解決方法を募集してます!
※変態プレイ以外で(笑)


痛感したのは行為中に自分が興奮する源泉はやはり相手の姿によるところが大きい。
コミニュケーションは別に会話だけでなく、SE○も含まれる。SE○をもってお互いのエネルギーをぶつけ合ってるのだ。
やはり自分の発したエネルギーに対して、同じレベルのエネルギーで返して欲しいのが本望だが、この子との行為中の時間は楽しいものでなかった。まさに作業。
ちょっと失礼なことをしたかなと心で思いながら、その子とのアポを終える。


ただ、フェ○、ヘソピ、肌値は極上だった(笑)




<考察>
Wiiとかプレステ4あると、簡単に家に連れ込めるし、盛り上がることは必須だし、罰ゲームへ移行もスムーズなのでは?
1回目の負けは自分が淡々とし過ぎていたし、圧倒的に熱意が足りなかった。
今にして思うのは、熱意をもって体に訴えかけるとか、もっとうまい理由の提示をしてあげれば、ゲットは出来ていたかな。
相手も過去の経験から出した『ノー』の結論だったけど、相手も断る事に意地になっていたように思うし、どこかで男性に「体を奪われる」という考えがあったように思う。その部分のケアが足りてなかったのは反省。

逆に2回目に関しては、「会って時間が間もない」グダは通用しないし、デート感覚アポで時間をかけて心を開いていった。
断る理由も用意させない状況になったから、受け入れてくれたのかなと考えている。
あと行為中においても女性を興奮させることが出来ないかすてーらが『SE○下手』という新たな仮説が浮かびあがったアポとなった(;´Д`A ```











(。´・ω・)え?






テーマ : ナンパ
ジャンル : アダルト

プロフィール

かすてーら

Author:かすてーら
アラサーのかすてーらです

牡蠣の街→味噌の街へ拠点変更!

2014年はストリートナンパ中心、2015年は女の子の声は聞かず、クラブで音楽ばかり聴いてますw

絶賛細々活動中!(いや自粛中かw)


気軽に絡んでください(*´∇`)ノ ヨロシク~

Twitter→@castella_nampa
プリーズフォローミー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。